給茶機<ティーサーバー>のレンタルならオートリ
お問い合わせは0120-915-746【受付時間】9:00-17:00(土・日・祝を除く)
【受付時間】9:00-17:00(土・日・祝を除く)

知って得するお茶の効果

 
付録:お茶の成分と効用

お茶はガンに効くの?

茶の渋味であるタンニン類(カテキン)はポリフェノールと呼ばれるカテキン類4種が90%を占め、そのうち最も量の多いエピガロカテキンガレートは、発ガン抑制作用が強いことが判明。その後、茶のタンニンが胃ガンをはじめとする各種ガンの抗突然変異、抗発ガンプロモーションなどの抗ガン作用のあること明らかになってきました。

お茶は老化防止になるの?

茶のタンニン(カテキン)は老化の原因となる過酸化脂質の生育を抑える抗 酸化作用が、ビタミンEより20倍も強いことが判明、茶が老化防止と成人病の予防に効果のあることが判明しました。

お茶で痩せられるの?

茶のタンニンには脂肪の吸収を抑制する働きがあり、茶のサポニンにも同様の働きがあるといわれています。タンニンとサポニンの共同作用によって肥 満の予防が期待できると推測されます。また茶のカフェインは利尿作用もあり、タンニンには腸内調整作用もあって便通効果があります。

妊娠中はお茶を飲んでも大丈夫?

お茶には、フッ素・亜鉛・銅・カリウム・ナトリウム・カルシウム・マンガン・モリブデン・セレンなどのミネラル分が豊富に含まれています。ミネラルは鉱物質の微量栄養素で、人体に必要な微量元素です。亜鉛は妊婦の栄養上重要な微粒元素といわれています。ですから、妊娠中の方は抜群の亜鉛供給源となる緑茶を適度に飲んだほうがいいでしょう。

お茶を飲むと色が黒くなるの?

かつてお茶を飲みすぎると色が黒くなるといわれた時がありましたが、全く違った説で、むしろその逆だと思います。それはお茶には多量のビタミンCが含まれているからです。ビタミンCは色を黒くするメラニン色素生成の抑制効果があり、肌の弾力を保ち、水分の減少を防ぐなど、美容によい効果が あるといわれているからです。1日に煎茶6~7杯も飲めば、成人の1日に必要なビタミンCが供給されます。 

お茶は血圧を下げるの?

茶のタンニンには抗高血圧作用があり、私たちが日常飲んでいるお茶の他に、血圧降下に良い「ギャバロン茶」があります。
ギャバ(ガンマアミノ酪酸) は血圧を下げる有効な成分です。 

空腹時に濃い目のお茶を飲んじゃダメ?

濃く入れたお茶の浸出液にはタンニンとカフェインが多量に浸出されるからです。
適量のタンニン、カフェインは胃の細胞(壁細胞や主細胞など)を刺激して胃液の分泌を促し、食物の消化を助けますが、胃の粘膜を荒し消化液の分泌を妨げ、消化不良を起こして、胃腸の弱い人は、吐き気や下痢を起こす場合があります。 

お茶で薬を飲んではいけないの?

多くの頭痛薬や風邪薬などにはカフェインが処方されています。ところが、茶の旨味成分であるテアニンは、カフェインの作用を減弱する働きがあり、薬中に含まれるカフェインの効果を減少させるからです。第二の理由は、鉄分を含む胃腸薬や貧血症の薬やある種の抗生物質は、茶のタンニンが金属塩と結合したり、茶のミネラルと結合したりして、薬の小腸から血管内への吸収を妨げる結果、薬の効果をなくします。 

お茶のカフェインの効用は?

カフェインは中枢神経を興奮させ、眠気をさまし、知的能力を向上させ、運動能力をたかめますし、冠動脈拡張による強心作用、利尿作用などがあり、心身の疲労を回復しストレスを解消するといわれています。コーヒーと違って茶に含まれるアミノ酸のうち一番量の多いテアニン(旨味成分)がカフェインの興奮作用を抑制し、覚醒作用をおだやかにします。

お茶は虫歯を防ぐって本当?

お茶の成分には、虫歯を防ぐタンニンとフッ素が含まれています。茶のタンニンには抗菌作用があり、虫歯の原因となる歯周菌を殺し、虫歯菌の繁殖を防ぐ働きがあります。茶のポリフェノールが虫歯の主な原因となる口腔内細菌の増殖を著しく抑制することを発表しています。フッ素は歯のエナメル質を強化し虫歯を予防する効果があります。

お茶に脱臭作用はあるの?

お茶のタンニンは消臭作用をもち、昔から生活の中で体験的に利用されてきましたが、現在では茶のタンニン(カテキン)を抽出して脱臭剤や消臭製品が作られています。 

宵越しのお茶は体に毒なの?

お茶には蛋白質が含まれています。蛋白質は脂溶性のためお茶の浸出液には抽出されませんので茶葉に残ります。茶のタンニンは抗菌作用があり蛋白質を保護しています。水溶性のタンニンは数煎飲んだ茶葉には、保護者のなくなった蛋白質が腐敗を起こします。腐敗した蛋白質は容易にお湯の中へ溶け出るため食中毒を起こしやすくなります。 

お寿司屋で煎茶がよくでるのはなぜ?

お寿司屋で煎茶を使用するのは、お寿司を食べると口中に魚介類の生臭さが残りますが、緑茶の中でも煎茶には消臭効果のあるタンニンが多く含まれ、煎茶を飲むことにより生臭さを消し、口をスッキリとさせてくれるからです。また、魚介類の腐敗と食中毒の予防を果たします。

O157に緑茶が効くって本当?

昭和大医学部の島村忠勝教授(細菌学)は数年前から、茶に含まれる渋みの成分「カテキン」が腸炎ビフリオや黄色ブドウ球菌などを殺菌する作用を持つことを研究してきました。今年七月には、一万個のO157を緑茶1CCの中に入れる実験をしたところ、5時間後には菌が全滅する結果が得られたといいます。「食中か食後2、3時間以内に茶を飲めば、胃の中でカテキンと接触した菌が死滅することが十分期待できる」と島村教授は話しています。

お茶の成分と効用

お茶の成分  効用 
カテキン類  発ガン抑制作用・抗腫瘍作用・突然変異抑制作用・抗酸化作用 
血中コレステロール低下作用・血圧上昇抑制作用・血糖上昇抑制作用 
抗インフルエンザ作用・虫歯予防・口臭予防(脱臭作用)など 
カフェイン  覚醒作用(疲労感や眠気の除去)・利尿作用 
ビタミンC  ストレス解消・風邪の予防 
ビタミンB群  糖質の代謝 
γ-アミン酪酸  血圧降下作用 
フラボノイド  血管壁強化・口臭予防 
多糖類  血糖低下作用 
フッ素  虫歯予防 
ビタミンE  抗酸化作用、老化抑制 
テアニン  緑茶のうまみ成分 

<参考資料> 
橋本実 著 『茶の起源を探る』淡交社/斉藤光哉 監修 『お茶の辞典』成美堂出版 
松下智・橋本実・鈴木良雄・南廣子・南久美子 著『Q&Aやさしい茶の科学』淡交社 
『日本のお茶Ⅰ・お茶と生産』株式会社ぎょうせい