給茶機<ティーサーバー>のレンタルならオートリ
お問い合わせは0120-915-746【受付時間】9:00-17:00(土・日・祝を除く)
【受付時間】9:00-17:00(土・日・祝を除く)

日本のお茶の歴史

人類とお茶の出会い

歴史的な史料から見ると中国の漢の時代の奴隷売買証文の中に「お茶を買ってくる」 というのがあります。おらくそれが一番古い史料上での「お茶」になると思われます。

しかし、お茶の木の成育していた所と、漢文化の発生した所はとても離れているのです。 黄河流域に発生した漢文化の思想の一つに「神仙思想」とか「仙薬思想」というのがあり、「不老長寿」を願っていろいろな植物をはじめ、動物や鉱物までもが利用されてきました。

この仙薬思想などが、揚子江流域の山間地に、育っていた茶を飲んでいた山地民族の間に普及し、漢文化が茶を漢方薬などとして取り入れ始めてから記録に残っているわけです。

したがって、実際は記録に残るもっと以前から人類は茶の木と出会っているはずなのですが、その時期を特定するのは難しいといえます。 

日本のお茶の歴史1

日本茶の起源は、中国から渡ってきたという渡来説と、もともと日本にお茶の樹があったという自生説の二つがありますが、渡来説のほうが有力のようです。
日本に喫茶の文化が始まったのは、遣唐使が往来した奈良・平安時代で、最澄や空海らの留学僧の手によって伝えられたとされています。
記録では、廷歴二四年(805)最澄が唐から持ってきて、近江の坂本に植えたとあり、これは今でも日吉茶園として残っています。

さらに翌年の大同元年(806) 空海が茶を持ってきて長崎に播いたというのがあります。
そして「日本後記」という書物にもお茶が登場してきます。弘仁六年(815)に梵釈寺の永忠が近江の国を訪れた嵯峨天皇にお茶を煎じて献じたと書かれています。
それがきっかで嵯峨天皇は近畿地方にお茶の樹の栽培を命じ、上流階級の儀式や行事に用いられるようになりました。

ところが不思議なことに、この後三百年以上に渡ってお茶に関する書物及び記録は出てこなくなるのです。 

日本のお茶の歴史2

次にお茶についての記述が現れるのは鎌倉時代に入ってからです。
建久二年(1191)に栄西禅師によって宋の国の浙江省から持ち帰ったといわれているお茶の樹の種です。

その後、栄西禅師から明恵上人に茶の種子が贈られ栂尾の深瀬に播いたそれが、今でいう宇治茶の基盤を開いたものです。これが有名な抹茶の始まりです。
栄西はお茶の普及に努め、貴族社会でしか飲まれていなかたお茶を武家社会まで広めました。また栄西がお茶で源実朝の二日酔いを治したという記述が「吾妻鑑」に残っています。

その後、お茶は弾宗との結びつきから茶道という独自の文化をつくり広まっていきます。
現在のように、煎茶が日常茶飯の飲み物になったのは江戸時代になってからです。中国が明の時代となり、承応三年(1654)中国南部の福建省から隠元禅 師が来日し、この前後にお茶の葉にお湯を直接注いで飲む「淹茶式」の飲み方が伝わり、これが広く日本人の喫茶法として定着したと言われています。

そして、江戸末期には現在飲まれているようなお茶がつくられるようになりました。

<参考資料> 
橋本実 著 『茶の起源を探る』淡交社/斉藤光哉 監修 『お茶の辞典』成美堂出版 
松下智・橋本実・鈴木良雄・南廣子・南久美子 著『Q&Aやさしい茶の科学』淡交社 
『日本のお茶Ⅰ・お茶と生産』株式会社ぎょうせい